館長を務めます有斐斎弘道館にて、京菓子展10周年特別展「一席一菓 あつらえのかたち」を開催いたします。

館長を務めます有斐斎弘道館にて、2024年1月28日(日)~2月12日(月・祝)京菓子展10周年特別展「一席一菓 あつらえのかたち」を開催いたします。

さまざまな分野で活躍する9名が、茶席における「亭主」となり、職人と対話しながら、大切なお客さまを迎えるためにあつらえた菓子を展示します。
有斐斎弘道館では、2013年から公募展として開催してまいりました「京菓子展」の10周年を記念し、特別展を開催いたします。本展では、さまざまな分野で活躍する9名が、茶席における「亭主」となり、職人と対話しながら、大切なお客さまを迎えるためにあつらえた菓子を展示します。また、会場では展示作品の中から数種の菓子を、抹茶とともにお召し上がりいただけます。

京菓子は、一席一菓。一席ごとに、相手を思い、自然との対話を繰り返しつつ、その日、その時、その場所、その人だけのために作られる「食べる芸術」です。それぞれの亭主がどのように客をもてなし、また職人はどのようにその思いに応えるのか。京菓子を通して、人と人とのあいだに紡がれる「ものがたり」を五感でお楽しみください。

◆亭主 × 菓子職人
– 天野 喜孝(画家/イラストレーター) × 植村 健士(有職菓子御調進所 老松/京菓子展 2018年 大賞 ほか)
– 池坊 専宗(華道家/写真家) × 塩貝 祥代(学校法人大和学園講師/京菓子展 2021年 大賞)
– 叶 松谷(陶芸家/京焼清水焼窯元三代目) × 今西 善也(鍵善良房)
– 川邊 りえこ(書道家/美術家) × 垣本 晃宏(ASSEMBLAGES KAKIMOTO)
– 串野 真也(ファッションデザイナー/アーティスト) × 金谷 亘(京菓子司 金谷正廣)
– 森山 未來(俳優/ダンサー) × 杉山 早陽子(御菓子丸)
– ヤノベケンジ(現代美術作家/京都芸術大学教授) × 中丸 剛志(有職菓子御調進所 老松/京菓子展 2022年 京都市長賞 ほか)
– 夢枕 獏(小説家) × 幾世橋 陽子(まめいち/京菓子展 2016年 大賞 ほか)
– ルシール・レイボーズ(写真家/KYOTOGRAPHIE共同創設者) × 髙家 裕典(御菓子司 聚洸)
※五十音順・敬称略

◆京菓子展とは
有斐斎弘道館では、広く一般の方々がデザインした菓子を、プロの職人が実際の菓子にして展示する「京菓子デザイン部門」と、実際に菓子を作る方による「茶席菓子実作部門」の優秀作品を、数寄屋建築の座敷に展示し、実際に食べていただく展覧会を開催してまいりました。2013年より始め、2015年より「琳派」「万葉集」「枕草子」など、毎年テーマを変えて開催し、菓子職人だけにとどまらず幅広い方々にご参加いただいております。

※次回の公募については2024年1月に京菓子展公式サイトにて、テーマを発表する予定です。

◆開催概要
京菓子展10周年特別展「京菓子展 一席一菓 あつらえのかたち」
会期:2024年1月28日(日)~2月12日(月・祝)
※内覧会:1月27日(土)
【会場】有斐斎弘道館(京都市上京区上長者町通新町東入る元土御門町 524-1)
開館時間:10:00〜17:00/最終入館16:30まで
入館料:入館券(京菓子と抹茶付き) 大人2,500円、学生2,000円(要予約)
入館のみ 大人1,000円、学生500円
本会場限定セット*1 3,500円(要予約)
寄付セット*2 10,000円(要予約)
*1 入館券(京菓子と抹茶付き)と特別限定菓子のセット
*2 本会場限定セットに懐紙、有斐斎弘道館への寄付を加えたセット

【特別呈茶会場】旧三井家下鴨別邸(京都市左京区下鴨宮河町58-2)
開館時間:9:00〜17:00/最終入館16:30まで ※水曜休館
入館料:大人 平日500円 土日祝日600円、中高生300円、小学生200円
呈茶料:京菓子と抹茶 1,000円

※京菓子の詳細等は、京菓子展特別展公式サイトにて後日発表を予定しています。
※入館券、各セットは京菓子展特別展公式サイトからご予約いただけます。

=======================================
主催:公益財団法人有斐斎弘道館
共催:旧三井家下鴨別邸運営コンソーシアム、公益社団法人京都市観光協会、古典の日推進委員会
後援:京都府(予定)、京都市(予定)、京都新聞
協力:有職菓子御調進所 老松、御菓子丸、ASSEMBLAGES KAKIMOTO、鍵善良房、京菓子司 金谷正廣、京阪ホールディングス株式会社、御菓子司 聚洸、学校法人大和学園、株式会社文藝春秋、まめいち
助成:文化庁令和5年度文化芸術振興費補助金(地域文化財総合活用推進事業)
=======================================
詳細は京菓子展特別展公式サイト(2023年12月下旬公開予定)をご覧ください。
問い合わせ先:075-441-6662(公益財団法人有斐斎弘道館)
=======================================

 

Details of the Kyogashi Exhibition “One Time, One Sweet – Handcrafted Stories”

Yuuhisai Koudoukan announces a special event to commemorate the 10th anniversary of the “Kyogashi Exhibition,” which has been held since 2013 together with a public contest.
In this event, nine people who are active in a variety of fields will play the role of “hosts” at a tea ceremony, interact with the artisans, and display the sweets they have created to welcome their valued guests. During the exhibition, the visitors can enjoy several types of sweets from the exhibited works at the venues, along with matcha tea.
Kyoto confections are considered to be an art of “One Time, One Sweet,” carefully crafted in a dialogue with nature to match the particular day, time and place, all while considering the recipient. How will each of the hosts choose to entertain their guests, and how will the craftsmen respond to their wishes? Please enjoy the story, told between people through Kyoto sweets, with all your five senses.

◆Hosts × Confectioners
・ Yoshitaka Amano (painter/illustrator) x Kenji Uemura (Oimatsu; Kyogashi Exhibition 2018 Grand Prize winner)
・Sensou Ikenobo (ikebana artist/photographer) x Sachiyo Shiogai (lecturer at Yamato Gakuen; Kyogashi Exhibition 2021 Grand Prize winner)
・Shokoku Kano (third generation Kiyomizu ware potter) x Zenya Imanishi (Kagizen Yoshifusa)
・Rieko Kawabe (calligrapher/artist) x Akihiro Kakimoto (ASSEMBLAGES KAKIMOTO)
・Masaya Kushino (fashion designer/artist) x Wataru Kanaya (Kanaya Masahiro)
・ Mirai Moriyama (actor/dancer) x Sayoko Sugiyama (Okashimaru)
・Kenji Yanobe (contemporary artist/professor, Kyoto University of Arts) x Tsuyoshi Nakamaru (Oimatsu/Kyogashi Exhibition 2022 Kyoto City Mayor’s Award winner)
・ Baku Yumemakura (writer) x Yoko Kiyohashi (Mameichi/Kyogashi Exhibition 2016 Grand Prize winner)
・Lucille Raybose (photographer/co-founder of KYOTOGRAPHIE) x Yusuke Takaie (Juko)

◆Message from Kanako Hamasaki (Director of Yuuhisai Koudoukan)
The annual “Kyogashi Exhibition” first started in 2013, with the intention to introduce pre-modern Japan’s arts and culture, which once were comprehensive knowledge that filled the lives of Japanese people. Since 2015, a public contest and an exhibition of the winning works has been held each fall.
Kyoto confectionery can only be truly appreciated when not only the artisans who make it, but also the people who consume it, understand the background behind each confection. Since the public contest consisted of two pillars, the design category and the professional category, we have been receiving applications from various people, from elementary school students to professional craftsmen, which gave birth to new confectionery artists all over the country, and the exhibition succeeded in becoming a popular annual event.
Kyoto confectionery is an art of “One Time, One Sweet.” It is carefully created one by one, just for the occasion, with the recipient in mind, and in dialogue with nature through seasonality and materials. Despite living in an era of mass production, where anything can be obtained at any time, anywhere, and where the emphasis on economic efficiency is ever so strong, Kyoto confectionery to this day takes an incredible amount of time and effort to make. Moreover, once you eat it, it’s gone. I feel that today, as we are searching for a more sustainable society and creative ways of living as human beings, the way Kyoto sweets are made has great implications.
It is my sincere wish that this project will serve as an opportunity to reconsider the essence of Japanese culture, by expressing the stories in which people connect through Kyoto sweets.

◆Event Details
Kygashi Exhibition 10th Anniversary Special Event “One Time, One Sweet – Handcrafted Stories”
Date: January 28, 2024 (Sunday) – February 12, 2024 (Monday, holiday)
*Pre-opening event: Saturday, January 27th
【Venue】 Yuuhisai Koudoukan (524-1 Mototsuchimikado-cho, Kamichojamachi-dori Shinmachi Higashi, Kamigyo-ku, Kyoto)
Opening hours: 10:00-17:00 / Last entry 16:30
Admission fee: Admission ticket (includes sweets and matcha tea) 2,500 yen for adults, 2,000 yen for students (reservation required)
Admission only: 1,000 yen for adults, 500 yen for students
Main venue limited set: 13,500 yen (reservation required)*1
Donation set: 210,000 yen (reservation required) *2
*1 Admission ticket (includes sweets and matcha) and special limited edition sweets
*2 Includes two Main venue-limited sets, kaishi paper and a donation to Yuuhisai Koudoukan.
【Special venue】 Old Mitsui Family Shimogamo Villa (58-2 Shimogamo Miyakawacho, Sakyo-ku, Kyoto)
Opening hours: 9:00-17:00 / Last entry 16:30 (Closed on Wednesdays)
Admission fee: Adults 500 yen on weekdays, 600 yen on weekends and holidays, 300 yen for junior high and high school students, 200 yen for elementary school students
Sweets and matcha: 1,000 yen
*Details about the sweets will be announced on the official Kyogashi exhibition website. *Admission tickets and ticket sets can be reserved from the Kyogashi exhibition website.
=======================================
Organizer: Yuuhisai Koudoukan Foundation
Co-organizers: Old Mitsui Family Shimogamo Villa Management Consortium, Kyoto City Tourism Association, Classics Day Promotion Committee
Sponsored by: Kyoto Prefecture (planned), Kyoto City (planned), Kyoto Shimbun
Cooperation: Oimatsu, Okashimaru, ASSEMBLAGES KAKIMOTO, Kagizen Yoshifusa, Kanaya Masahiro, Keihan Holdings Co., Ltd., Juko, Yamato Gakuen, Bungeishunju Co., Ltd., Mameichi
Subsidy: Agency for Cultural Affairs, FY2023 Culture and Arts Promotion Subsidy (Comprehensive Project for Promoting the Use of Regional Cultural Properties)
=======================================
Official website of the Kyogashi Exhibition special event: https://issekiikka.kyogashi.jp (scheduled to be released on December 22, 2023)
Contact: 075-441-6662 (Yuuhisai Koudoukan Foundation)
=======================================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

源氏物語ミュージアム 特別企画展 関連企画 「薫りにきく宇治十帖 ―花と香―」に登壇いたします。

源氏物語ミュージアム 特別企画展 関連企画 「薫りにきく宇治十帖 ―花と香―」に登壇いたします。
『源氏物語』、日本文化における「薫り」の魅力をお話をいたします。

2024年1月11日(木曜日)午後2時~午後4時 (受付は午後1時30分から)
源氏物語ミュージアム(宇治市宇治東内45-26)

◆ 参加費/600円(源氏物語ミュージアム観覧料を含む)
◆ 応募方法…往復はがき、もしくはEメールにて申し込み。
※締め切り…12月27日(水曜日)必着

詳細は https://www.city.uji.kyoto.jp/site/genji/71124.html をご覧ください。

テレビ東京「わたしのヒュッゲ」に出演いたします

テレビ東京「わたしのヒュッゲ」に出演いたします。
(別日程でテレビ大阪、BSテレ東で放映)

「ヒュッゲ」とは、「居心地の良い家時間」「家でゆったりと過ごす時間」を意味する言葉。6分ほどの番組で、前編・後編の2週にわたって放映されます。ぜひご覧ください。

https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/202312/26289_202312012154.html

「わたしのヒュッゲ/濱崎加奈子」【前編】
テレビ東京 12月1日(金)21:54~22:00
テレビ大阪 12月7日(木)21:54~22:00
BSテレ東 12月9日(土)22:54~22:00

「わたしのヒュッゲ/濱崎加奈子」【後編】
テレビ東京 12月8日(金)21:54~22:00
テレビ大阪 12月14日(木)21:54~22:00
BSテレ東 12月16日(土)22:54~22:00

*「わたしのヒュッゲ」
https://www.tv-tokyo.co.jp/watashinohygge/

NHK「歴史探偵 天下の名香 蘭奢待」に出演いたします(11/22・22時~)

NHK「歴史探偵 天下の名香 蘭奢待」に出演します。

本放送:2023年11月22日(水)22時00分~22時45分 NHK総合(全国放送)
再放送:2023年11月29日(水)16時15分~17時00分 NHK総合(全国放送)

合わせて、国際放送・NHKオンデマンド(有料)・NHK+:1週間配信のほか、一部コンテンツはYOUTUBEでの配信がございます。
ぜひご覧くださいませ。

https://www.nhk.jp/p/rekishi-tantei/ts/VR22V15XWL/episode/te/L3VGM2NL76/

アメリカ人画家「Alex Katz展」開催中(11/16~12/6・有斐斎弘道館)

濱崎加奈子が館長を務めます、「有斐斎弘道館」にて
アメリカ人画家「Alex Katz展」を開催しています。

2023年2023年11月16日(木)〜2023年12月6日(水) 10時〜17時

※事前予約制となっております。詳細は下記サイトをご覧くださいませ。
https://kodo-kan.com/events/alex-katz-kyoto-exhibition/

京都御所西文化サロン(青紅葉と特別懐石)5月26日

日本の伝統文化が花開いた京都上京区。
その街並みは、北野天満宮をはじめ豊富な歴史遺産と、
今を生きる人々が共存し、美しい調和を見せてくれています。

上京区誕生140周年を迎える本年、
その魅力を探訪する「京都御所西文化サロン」を催します。

5月26日には、トークショーと初夏の青もみじをイメージした特別京懐石を
お楽しみいただけるイベントを行います。

ぜひお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

詳しくは、京都ブライトンホテルのページをご覧ください。
https://www.brightonhotels.co.jp/kyoto/hotelevent/aomomiji/index.html

日本学術会議 in 京都「伝統文化と科学・学術の新たな出会い」登壇(12/22)

人文社会科学から自然科学分野まで日本の科学者・研究者84 万人を代表する組織である日本学術会議。市民や地域リーダー、さらに次世代を担う若い人々とともに、伝統文化と芸術の町=京都で、科学と学術の過去・現在・未来をともに語り合う会に、パネリストとして登壇いたします。

日本学術会議広報ページより引用

 
濱崎の登壇するのは、プログラム第二部 分科会@教養教育共同化施設 稲盛記念会館(16:30~18:00)です。コーディネーターの佐藤洋一郎先生(京都府立大学京都和食文化研究センター特任教授)とともに、「伝統文化と科学・技術・リベラルアーツ」というテーマで議論を交わします。

以下、プログラムより引用

このセッションでは京都の主菓子(おもがし)を題材に、伝統文化と科学、学術の関係を考えてみようと思います。職人さんが自らが作る和菓子を通じてメッセージを伝えるには、自然に対する深い洞察と技、芸術のセンスが必要です。そしてその菓子をいただく側にもそれに応じた幅広い生きた教養-リベラルアーツが必要です。教養がないと伝統文化は味わえないのではないか。和菓子の職人さんが作る舞台を前にしつつ、研究者たるわたしと、伝統文化の「通事」たる濱崎加奈子さんとが、伝統と最新技術のマリア―ジュに向けて、縦横無尽に議論を交わします。

各界の著名な方々が講演、対談を行う貴重な機会となっておりますので
ぜひお越しくださいませ。

日時:2018年12月22日(土) 13:00~20:00
会場:京都府立京都学・歴彩館
交通アクセス:第二部・第三部は隣接する京都府立大学で実施いたします
対象:教育・研究者、企業・団体の方、一般の方、行政の方、大学生、大学院生
主催:日本学術会議
共催:京都産業大学、京都府立大学、京都大学、公益財団法人国際高等研究所
後援:京都府、京都市、大学コンソーシアム京都、公益財団法人日本学術協力財団、京都商工会議所、京都経営者協会、一般社団法人京都経済同友会、公益社団法人京都工業会、京都産学公連携機構
参加費:無料 ※交流会を除く
申し込み:https://www.kyoto-su.ac.jp/events/20181222_gakujutsu_in_kyoto.html
プログラム詳細:https://www.kyoto-su.ac.jp/events/s1gk4u000000p2mk-att/2018.12.22.pdf

ジェイアール京都伊勢丹企画展・トークイベント登壇(11/14,17)

「あいのおと あいのことのは あいのうつわ展」

「あい」をテーマにしたジェイアール京都伊勢丹独自の企画展が11月14日(水)〜20日(火)の期間、3階特設会場にて開催されます。

井原季子さん(笙奏者)、河原尚子さん(陶芸家)、濱崎加奈子(歌人)の3人にまつわる展示です。

音・和歌・器で表現した5つの展示ブースと、彼女達にまつわる商品の販売コーナーが登場。

下記の日程で、3人のアーティストによるトークショーと笙の演奏を開催します。
この場所でしか味わえないスペシャルな世界観をどうぞお楽しみください。

11月14日(水)・17日(土) / 各日午後2時から(各回約40分)

チラシはこちらです。

詳細はジェイアール京都伊勢丹のホームページをご覧ください。
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/1810cocoroi/

世界文化自由都市宣言 40周年シンポジウム(12/16)登壇

京都市は、昭和53(1978)年10月15日、人種、宗教、社会体制の相違を超え、文化による世界との交流と平和の実現を希求した「世界文化自由都市宜言」を行い、以来、文化を基軸としたまちづくりを進めてきました。

平成30(2018)年度は、「宜言」から40周年を迎える節目の年。文化庁の京都への全面的移転決定し、時代が大きく動き出している今、この機に、今一度「宣言」の理念を、市民ぐるみで共有していきたいと願っています。

パネルディスカッションでは、世界と交流しながら発展してきた京都の歩みや、文化庁の京都移転など幅広く語り合います。ぜひお越しくださいませ。

■ 日時:2018.12.16(日)14:00〜16:30
■ 会場:国立京都国際会館 Conference Room A
■ 参加:無料
■ 定員:700名
■ 事前申込制(応募多数の場合は抽選)

■ オープニング演奏:通崎睦美氏(木琴),佐藤響氏(チェロ)
■ 基調講演:磯田道史氏
■ パネルディスカッション:
パネリスト:磯田道史氏(歴史学者、国際日本文化研究センター准教授)、通崎睦美氏(木琴奏者)、松坂浩史氏(文化庁地域文化創生本部事務局長)、門川大作氏(京都市長)
コーディネーター:濱崎加奈子(有斐斎弘道館館長)

お問い合わせ、お申し込みは下記となっております。
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000242541.html